2016年07月15日

Windows Server 2012 R2マシンのケース変更(未遂)

私が某所で扱っているWindows Server 2012 R2マシンですが、小さくてHDDがたくさん入るケースを、ということでFractal DesignのNode 304というケースを使用していました。
使っていて特に不満はなかったのですが、案外HDDをメンテする機会が多いため、HDDの交換が楽なケースが無いかと探していました。

そこで代わりに買うことになったのが、SilverStone SST-DS380Bです。
HDDは8台も搭載可能で、フロントから交換できます。少々高さは高くなりますが、全体的に小さいケースなので設置場所的にもクリアです。

さっそく発注。
そして届いたので、中身を交換しようとしたのですが・・・そこで気が付きました。

Node 304は通常サイズのATX電源を組み込めたのでATX電源を使用していたのですが、SST-DS380Bはもっと小さめのSFX電源しか搭載できない、ということにがく〜(落胆した顔)

泣く泣く、SFX電源を追加で発注ですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by かにょ at 05:41| Comment(0) | WindowsServer2012R2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: