2016年09月28日

ハイレゾ音源再生への道

そろそろハイレゾ音源なるものを再生できる環境が欲しいなぁ、と思い立ち、M-AUDIOのM-TRACK 2X2Mを購入しました。↓こんな感じの奴です。

m-track-2x2m.png

これまで使用していたUA-3FXもCDよりは高解像対応していたのですが(24ビット、48kHz)、M-TRACK 2X2Mは一応24ビット、192kHzまで対応しています。ハイレゾ感ありますわーい(嬉しい顔)

さてこれまで、我が家ではPC関連の音声出力は以下のように接続していました。

maudio1.png

ここのUA-3FXをM-TRACK 2X2Mに置き換えれば万事解決・・・とはならなかったのですもうやだ〜(悲しい顔)

これは私の調査不足・知識不足によるところが大きいのですがふらふら

M-TRACK 2X2Mには2系統のバランス入力、2系統のアンバランス入力が備わっているのですが、そもそもオーディオケーブルのバランス・アンバランスの違いを知らなかった私は、普通のRCAケーブルをバランス入力に接続して、「・・・なんか音がおかしい」などということをやっていましたがく〜(落胆した顔)

また、各入力端子はLとかRとかのマークがついておらず、MIDI機器から出ているL・R端子からケーブルを接続してもステレオ再生ができません。念のため、LとRの出力を束ねて1つの端子に挿したりしてみましたが、やっぱりダメでした。ここが致命的でしたもうやだ〜(悲しい顔)

やむを得ず、以下のような構成で運用しています・・・。

maudio2.png

なんでこんなややこしい構成にしたかというと、試しにパソコン本体のライン入力にMIDIの音声出力を入力してみたところ、ノイズが乗りまくってマトモに聞けなかったためですもうやだ〜(悲しい顔)
UA-3FXは外すつもりだったのですが、やむを得ずライン入力用として続投することに。

おかげさまで、狭い部屋の中にあって多くの場所を占有するシステムとなってしまいましたふらふら
posted by かにょ at 23:48| Comment(309) | ハイレゾ